古典鍼灸治療

鍼を打つ鍼灸師
チェックボックス

運動中のケガで骨に異常は無かったが、なかなか痛みが取れない

チェックボックス

頭痛になるたびにお薬で症状を抑えているが、服薬が増えるのは避けたい

チェックボックス

不妊治療中だが、鍼灸を受けたい

チェックボックス

今のところ治療中の病気はないが、バランスの崩れている所を知り、将来の健康に備えたい

鍼灸師

こんなお悩みありませんか?

そのお悩みに
古典鍼灸治療が効果的です!

鍼

本来、私たちには、正常な状態を維持するホメオスタシスや、自然治癒力が備わっています。しかし、気血が足りなかったり、過剰だったり、動きが悪くなったりすると、不調になります。東洋医学は、このアンバランスを調えるのが得意な医学です。体の外側と内側、上半身と下半身などは、ネットワークを持ち密接に影響しあっています。このネットワーク=経絡を利用し、「ひずみを整える」→「気血のめぐりが良好に」→「自然治癒力が活性化」→「症状が軽減」という仕組みです。効果を持続させるに、養生法のアドバイスもさせていただきます。

あさべ鍼灸接骨院の古典鍼灸治療が選ばれる4つの理由

女性スタッフが担当します

鍼灸学会に所属しており、

毎月勉強会に参加しています

03

02

問診、触診に時間をかけ、

丁寧に体を診ます

国家資格保有者による施術

04

01

問診票への記入

01

問診表に記入

施術の流れ

問診

02

22136156_s.jpg

03

望診・聞診

鍼灸治療は、今までの生活・病気の流れを追いながら証を立てていきます。主訴とは関係ないと思われがちな症状も、証を立てるヒントになりますので、詳しくご記入ください。

問診

問診表を基に、詳しくこれまでの経過を聞き、患者さんの何が問題なのか、ある程度、予測をします。問診は、30分~1時間ほど時間をかけて行います。

全身の皮膚や髪・爪・目や舌の状態を診たり、声の状態を診たりします。例えばニキビが出ている場所が、不調のある臓腑経絡のヒントになることもあります。

切診(古典鍼灸)

04

切診

針治療

05

アドバイス

06

説明と養生のアドバイス

実際に患者さんに触れて見る診察法です。脈や腹・背・手足にある経穴の状態を診ます。

治療

診た結果を総合し、弁証論治します。症に基づき、患者さんの主訴に対しての治療方法を決め、必要最低限の刺鍼をします。患者さんの負担を少なくし、治療判定も明らかになります。

患者さんの証の結果と治療方針の説明をし、バランスを整えるための養生法をお伝えします。

料金表&予約

料金

初診料                             1500円

治療費                             3800円
学 生                             1500~3000円
乳幼児                             800円〜

※保険適用について

  • 各種保険適用厚生労働省の定めた料金に準じます

  • 交通事故・労災・治療のご相談無料

  • 保険会社との契約に準じます