• Yasuhiro Asabe

肩こりってなに?

最近肩がこる。。といいますが、コッているのは「筋肉」です。

では、なぜ筋肉がコルのでしょう??

内臓等が正常な場合、まず一番に考えられるのが筋肉の栄養状態です。


筋肉にいく栄養は、血液と、神経伝達物質の二つ。


血液はなんとなくわかるけれど、神経伝達物質ってなに??


神経は、電線というよりもホースのようになっていて、中に脊髄から神経伝達物質というものが流れています。


首、背中の神経の出口は狭く、ちょっとしたことで、神経の流れが悪くなってしまいます。

神経伝達物質が不足すると、筋肉は「過敏」方向に変化します。

つまり、意識してないのに収縮(硬くなる→運動神経)、

普通は痛くない刺激でも痛く感じる→痛覚神経、

なんか違和感がある→位置覚、触覚神経

などの症状が現れます。そのため、肩がこる場合でも、首や、背中の神経の出口に対するアプローチが必要になります。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

俗に四十肩 五十肩、といいますが、正確な名称は「肩関節周囲炎」といいます。つまり、肩関節の周りに炎症がおきてる。という症状です。非常にあいまいな傷病名ですね。肩に石灰がたまってるからだ、とか、腱が切れてる、とか言われていますが、実際、触って確認してみると筋肉が硬くなり、過敏に痛みに反応していることがわかります。慢性的な筋肉の過敏は、「慢性的な神経の過敏」が根本にあります。肩周りの筋肉のマッサージを